このガジェットでエラーが発生しました

2009年3月23日月曜日

ことばが足りないかな・・


心が割れていた、
思う人の数に・・・・
感謝が足りないのかもしれないな・・・

腰を下ろしてみたら、
いつもはそこにあっても見えないものが見える。
高速道路を走っていたかな?
睡眠も、とらなくても平気だと思ったが、
ただ忙しく動くのと、生きていることは違う。

人に心を伝えたいならば、、
相手の眼(こころ)を見て・・だ。
沢山に伝えたいのなら、まず、
その時居る、目の前の一人に、なのだ・・・。

精一杯の、愛の心を込めて、あなたに。




♡♡

2009年3月22日日曜日

どのようなことがあっても、日々なすべきことは誠実に行う

コンセントの接続部分に、ほこりがたまると、湿度が加わり出火する事がある。
火事の原因の一つだが。これが原因で小火を出したペットショップから、
生き残りの、煙りで肺炎になった、大人のうさぎとモルモットをを引き取ったことがある。
(ブログの写真の子供たちではない)
家中、うさぎたちがワンサカになってしまった思い出がある。(それはそれで幸せだったが・・)
馴れない大人同士で、最初は血を見る騒ぎもあった。(この話しはいずれ・・)

台所のグリル周りのボヤなども、消し忘れも多いが、
(バックドラフトの危険があった、すぐお隣の家のボヤはこれだった)

また狭くて、壁の近いところでは、タイルの裏側に熱がこもり、
火が出ることもあるらしい。
それも、内装を頼んだ職人さんに聞いたが、壁の中の木の部分に、
火は静かに広がっていくという。表面が熱過ぎたら、
タイルだから安全と言うことはないそうだ。

・・・それ以来、見えないタイルの壁の中が、気になって仕方がなかった。
いつも見えないところはコワい。 (胃カメラを呑んだときもそうだ。)

起きていることを受け入れ、日々、自分のなすべきことを誠実に行う・・
その積み重ねの中で、いつでも振り返って、くいは残らないはずだ。
自分がこの世で、まだ必要なら生かされるだろう・・・・

考えすぎたら、頭と心を、時には休める。


何も考えず ただ、うさぎの背中に手で触れた時、熱い涙が
込み上げてくる時がある。悲しいわけではない 。
今は、もう居なくなったうさぎたちとの、大騒ぎの日々とか、
安らぎとか、魂がなつかしく思い出すのだと思う。

今は一羽に残った老齢うさぎの背にも、思いでは山積み・・・・・。


旧、吉田茂邸,焼失!麻生さんには,酷だ。大変お気の毒な事件です。
日本にとっても大事件。しっかりと、原因を調べてほしいです。




『愛』の始まりは、感動から

マイブログ リスト

フォロワー

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。